Philips lighting ェブサイトにアクセスしています。 表示言語を選択できます。
ヒント

    スマート LED 照明で活気ある中心街を作る

    ウェフヘル市

    オランダ


    ウェフヘル市は、中心街に活気を取り戻し、行楽地としての街の魅力を高める照明ソリューションを必要としていました。

    「照明が毎日変わるなんてすばらしい。可能性は無限です。」


    - ウェフヘル市中心街担当責任者、Jan-Hein Opherij 氏

    お客様の課題


    ウェフヘル市の中心街の店やレストランは入れ替わりが激しく、住民の多くが周辺の大きな街で買い物をするため、中心街は客足が遠のき、さびれ始めていました。 

    ウェフヘル市議会は、ウェフヘル市を差別化して魅力を取り戻し、地元の商業を再生するために、何か独自の対策をする必要があると考えていました。中心街が快適で活気があれば、市内のレストランやユニークな個人経営店を訪れる住民が増えるはずです。市は、来訪者のニーズに合った体験を定義し、設計し、実現できるパートナーを探しました。

    差別化とユニークな来訪者体験

    市は、歩行者を重視したウェフヘル中心街を再生するビジョンを描くために、市議会、中心街責任者、建築家、照明デザイナーなど、多くの関係者との連携を円滑に進めるパートナーを必要としていました。提案された設計には、ウェフヘルの人々とその魅力が反映され、内蔵 LED 照明技術と Interact Landmark ソフトウェアを使用して魅力的な体験を生み出すものでした。市が立ち上げた最初のパイロット プロジェクトの結果は上々で、新規と既存の経営者、合わせて 22 店が中心街の再生に応えて店をオープンしました。

     

    この成功を基に、市は独自の設計体験を 2 つの主な商店街に拡大しました。機能性を確保し、音や音楽と組み合わせてダイナミック ライティング ショーを演出できる照明を提供するため、物理的設計に手が加えられました。新しい照明器具には、Philips iColor Flex LMX LED ストリングと Interact Landmark 照明管理ソフトウェアが組み合わされ、地域の建築物と市の魅力が反映されました。

     

    住民と各店舗は、毎日買い物をする人でも何か新しいものを期待できるように、頻繁に新しい照明に変更することを望んでいました。照明を祭日や特別なイベントにだけ使用するのではなく、毎日の生活や仕事をより楽しいものにすることが重要でした。Interact Landmark ソフトウェアには、常に少しずつ変化し、同じパターンを繰り返さない照明コンテンツを生成する、照明と音の特殊なアルゴリズムが組み込まれています。ソフトウェア管理プラットフォームにより、コンテンツのスケジュールを事前に設定しておくことも、市の行事に合わせてすばやく変更することも可能です。

     

    中心街のコンテンツ管理を支援し、地元企業がダイナミック ライティングと音の体験を作成、テスト、計画、実施できるようにするため、Interact Landmark には、技術とサービスで構成される体験のプラットフォームも用意されています。このプラットフォームを使用することで、照明体験をソーシャル メディアやその他のプロモーション プラットフォームなどと統合することが可能になります。

     

    ウェフヘルの Interact Landmark プロジェクトは大成功を収め、街には住民が戻り、再び街を楽しみ、街を誇りに感じています。


    ケース スタディをダウンロード

    Interact Landmark があなたの街でできること

    • クラウドベースのコネクティッド照明 - デゴジャド劇場

      クラウドベースのコネクティッド照明 - デゴジャド劇場

      デゴジャド劇場は、Interact Landmark クラウドベース コネクティッド照明管理ソフトウェアを導入したことで、建築用 LED 照明システムを標準的なインターネット接続を介して世界中のどこからでも監視、保守、管理できるようになりました。

    • コネクティッド ブリッジ照明 - サンフランシスコ ベイ ブリッジ

      コネクティッド ブリッジ照明 - サンフランシスコ ベイ ブリッジ

      Interact Landmark ソフトウェアによるリモート監視機能を搭載した LED 照明造形作品は、ベイ エリアに非常に広範な社会的および経済的影響を及ぼし、短期間のディスプレイが予定されていましたがスカイラインの一部として常設されることになりました。