Philips lighting ェブサイトにアクセスしています。 表示言語を選択できます。
ヒント

    データに基づいた見識を業務プロセスの管理に活かす

    ジークブルク

    ドイツ


    ドイツのジークブルクは、スマート街路照明システムと、豊富なデータを提供する革新的な Interact City ソフトウェア ダッシュボードにより、効率的で正確かつ柔軟性が高く IoT に対応した照明資産管理の新たな標準を確立しました。

    「Interact City を導入してから、仕事の柔軟性がとても高まりました。 管理プロセスがシンプルで、透過的に表示されるからです。」


    - 街路照明担当エグゼクティブ ディレクター、Jorg Hartung 氏

    お客様の課題


    ジークブルクの発展に伴い、街路照明は、街の公共スぺースでその重要性を増しています。2014 年より前、ジークブルクの公共照明インフラには、さまざまな種類の照明ポール、ブラケット、ランプ、照明器具が混在していました。これらの照明ポイントの多くは老朽化し、高効率のエネルギー要件を満たしておらず、照明システムから簡単かつ柔軟にリアルタイムのデータを収集し、見識を得る機会は限られていました。    

    正確な照明データと見識

    システム管理者は、Interact City ソフトウェア ダッシュボードを使用してタイプ カタログを作成することで、個々の照明ポイントに適切なリソースを選択して割り当てることが簡単にできるようになりました。照明ポール、照明器具、ランプ、ブラケットのタイプ カタログには、よく使用されるタイプや最近使用されたタイプ、技術情報、ユーザーが設定できるその他の情報などがすべて含まれています。Interact City ダッシュボードを使用すると、タイプ カタログから各照明の業務プロセスの詳細な情報をすばやく簡単に生成して確認することができます。また、一括検出やランプの交換などのメンテナンス作業も容易になります。

     

    Interact City ソフトウェアにより、運用に関するすべてのプロセスがシンプルになり、透過性が向上したため、市と公益事業者の業務上の関係の複雑さも緩和され、生産性が向上しました。その結果、市は業績の最大化と向上により多くの時間を割くことができるようになりました。


    ケース スタディをダウンロード

    Interact CIty があなたの街でできること

    • スマート シティ、エネルギーの節約 – グアダラハラ

      スマート シティ、エネルギーの節約 – グアダラハラ

      Interact City は、スペインのグアダラハラで、監視と制御を行う単一の照明管理インターフェイスにより運用効率と利便性を改善し、68% のエネルギー消費量の削減を達成しました。