Philips lighting ェブサイトにアクセスしています。 表示言語を選択できます。
ヒント

    オーストラリア初のオール LED 多目的スタジアム

    オプタス スタジアム

    オーストラリア、パース

     

    オプタス スタジアムは、新たなスポーツ専用施設として、最高のファン体験を作り出す最新の照明技術の導入を検討していました。スタジアムでは、南半球でトップ クラスの多目的施設を目指し、IoT 対応のコネクティッド LED 照明を導入することになりました。これにより、オーストラリアで最大規模の LED スタジアム照明システムが実現しました。

    「このようなすばらしい施設がパースにできたことに誰もが驚きました。試合開催当日には、スタジアムがそのチーム カラーでライトアップされるなんて最高です。」


    - スポーツ・レクリエーション省プロジェクト ディレクター、Ronnie Hurst 氏

    お客様の課題

     

    2012 年、西オーストラリア州政府は、ファンやパースの人々にユニークな体験を提供する多目的施設を作るという目標を掲げました。国内外のイベントを誘致するためには、年間を通して使用できることに加え、最新の技術を備えた IoT 対応の施設が必要でした。

    クラス最高のファン体験

    この総合的な LED スタジアム照明システムは、Interact Sports 照明管理ソフトウェアで管理されている、制御可能な 22,000 個以上の LED 照明で構成されています。Interact Sports は柔軟性に優れ、各種イベントに合わせて観客収容数 6 万人のスタジアムでファンを臨場感あふれる照明で包み込むことができます。

     

    Interact Sports は、LED コネクティッド照明の設定と監視をリモートで行うことができ、地元のフットボール チームやクリケット チームの試合から、世界的アーティストのロック コンサートまで、多くのファンがさまざまなイベントを楽しむ多目的アリーナに最適です。Interact Sports シーン管理ソフトウェアを使用して音楽と照明が連動するよう事前にプログラミングしておけば、試合前やハーフタイムに魅力的なライト ショーを簡単に演出できます。フィリップス ライティングの LED 投光器は、スポーツ照明のすべてのハイビジョン テレビ放映基準を満たしています。

     

    この施設では、アリーナのさまざまな照明システムが中央の Interact Sports ダッシュボードにまとめられ、最新の IoT に対応したスタジアム技術の複雑さが軽減されています。中心となるのは、Interact Sports 照明管理および監視ソフトウェアで操作される LED 投光器で構成されたピッチ照明システムです。このシステムには、屋外建築用照明のライト ショーを制御するソフトウェアと、スタジアム ボウルの周りのエンターテインメント照明が統合されています。スタジアムのファサードと屋根はフィリップスのカラー キネティクス建築用コネクティッド LED 照明でライトアップされ、Interact Sports シーン管理ソフトウェアにより制御されます。

     

    屋根は広大なキャンバスとなり、Interact Sports ダッシュボードを使用したリアルタイムの完全制御と事前プログラミングにより作り出されるパターンとイメージで壮大なライト ショーを演出できます。スタジアム内のホスピタリティ エリアとオフィスを照らす LED 照明をリモート管理ダッシュボードに追加することもできます。ネットワークに接続されたデバイスでどの場所からでもクラウドベースのダッシュボードにアクセスして、スタジアム全体の照明を簡単に制御できます。


    ケース スタディをダウンロード

    Interact Sports があなたの施設でできること

    • ファン体験と簡単な制御 – アリアンツ スタジアム

      ファン体験と簡単な制御 – アリアンツ スタジアム

      Interact Sports の使いやすいダッシュボードで、アリアンツ スタジアムのすべての照明システムを制御できます。アリアンツは、ファンとの結び付きを深め、高品質の放送能力を獲得し、新たな収益源を開拓しました。

    • スマート スタジアム照明 - アトレティコ マドリード

      スマート スタジアム照明 - アトレティコ マドリード

      アトレティコ マドリードとワンダ メトロポリターノは、Interact Sports ソフトウェアを利用したコネクティッド LED 照明で、臨場感あふれるファン体験を作り出すことを望んでいました。