Philips lighting ェブサイトにアクセスしています。 表示言語を選択できます。
ヒント

    ロサンゼルス パイロット プログラム
    発展的スマート シティ アプリケーション

    ロサンゼルス パイロット プロジェクト

    米国、カリフォルニア州


    ロサンゼルス市は、コネクティッド照明インフラストラクチャから付加価値を得るために、さらなるスマート シティ プロジェクトを探索していました。パイロット プロジェクトとして、センサーを街路灯に取り付け、環境監視のためのオープン システム アプローチを採用しました。

     

    LA パイロット プロジェクトでは、オープン コネクティッド街路照明インフラストラクチャによってより効率的で活気のある街にするためのさまざまな発展的スマート シティ アプリケーションをサポートできることが示されました。

    「より良い都市を設計するには、よりよい情報が必要です。」

    - ノースイースタン大学、Dietmar Offenhuber 氏

    お客様の課題


    ロサンゼルス市はすでにデジタル コネクティッド照明の使用を他に先駆けて推進しており、215,000 個の街路照明のうち 140,000 個を LED に交換し、Interact City 照明管理ソフトウェア プラットフォームでそのうちの 110,000 個をインテリジェントに監視し、管理していましたが、市の職員たちはオープン システムを使用する相互接続アプリケーションによって市民にさらなる価値をもたらすことができると信じていました。   

    データと見識

    ロサンゼルスの街路照明局とフィリップス ライティングは、照明管理ソフトウェアとコネクティッド IoT センサー ネットワークを使用して市全体で 110,000 個の街路照明を管理するプログラムで協力し、公共照明システムから付加価値を得ることができました。街路灯にセンサーを取り付け、オープン システム アプローチを採用することで、照明インフラストラクチャで環境ノイズを監視できるようになり、その情報を道路の騒音を抑えるために活用し、市民の健康を推進しています。また、パイロット プログラムでは照明電力網を監視し、その情報は運用の信頼性と対応性を高めるために役立てられました。


    ケース スタディをダウンロード

    Interact CIty があなたの街でできること

    • クラウドベースのスマート シティ インフラストラクチャ - ブエノス アイレス

      クラウドベースのスマート シティ インフラストラクチャ - ブエノス アイレス

      Interact City と SAP HANA は、省エネルギー型のオープン スマート シティをサポートするため、ブエノス アイレスにアダプティブ アプリケーションとデータの 360 度ビューに対応したプラットフォームを提供しています。

    • コネクティッド街路照明 – ジャカルタ

      コネクティッド街路照明 – ジャカルタ

      Interact City 照明資産管理ソフトウェアは、世界最大規模のコネクティッド街路照明システムの導入をサポートしています。