Philips lighting ェブサイトにアクセスしています。 表示言語を選択できます。
ヒント

    歴史的建造物の変貌

    ビッグ リバー クロッシング

    テネシー州メンフィス


    ビッグ リバー クロッシングは、ミシシッピ川に架かる全米最長の公共歩道橋です。歴史的なハラハン橋に隣接し、大規模な活性化プロジェクトの中心的な役割を担っています。

     

    ダイナミック コネクティッド LED 照明と Interact Landmark ソフトウェアにより、この橋は観光客や市民が集まる観光地となっています。

    「この橋と隣接するビッグ リバー クロッシングをダイナミック ライティングで活性化させることで、私たちの市と地域の誇りとして、その役割は確固たるものになるでしょう。」


    - テネシー州メンフィス市長、Jim Strickland 氏

    お客様の課題


    メンフィス市は、4,300 万ドルのマルチモーダル連結プロジェクトに着手し、このプロジェクトにはテネシー州のメンフィスとアーカンソー州のウエスト メンフィスを繋ぐ 10 マイルの道路が含まれていました。 

     

    ミシシッピ川を渡って 2 つの都市を結ぶハラハン橋と隣接するビッグ リバー クロッシングは、このプロジェクトの重要な要素でした。市は、運用しやすくコスト効率が高いダイナミック コネクティッド照明システムを導入することで、クロッシングを地域の誇りにすることを希望していました。

    照明の管理と制御

    ビッグ リバー クロッシングに総延長 9,480 フィートの照明を構築するには、2,370 個の照明器具と 100,000 個を超える LED 照明ポイントが必要でした。フィリップス カラー キネティクス照明器具は 1,600 万以上の色を作り出し、さまざまな角度から照射してこの橋の大きさや構造を際立たせます。

     

    新たに設置された照明は、Interact Landmark ソフトウェアで制御されるクラウドベースのコネクティッド照明システムに組み込まれます。Interact Landmark は、診断、リアルタイム パフォーマンスの報告、データ分析と制御を含む、建築用 LED 照明システムのリモート管理を可能にし、ダウンタイムとメンテナンス コストを削減します。

     

    橋は船や電車が常に使用しているため、照明をただちにリモートで調整できることが必要不可欠でした。Interact Landmark 照明管理ソフトウェアは、鉄道と海運の照明要件を満たすため、照明を自動的に暗くすることができます。

     

    承認済みユーザーは、Interact Landmark ダッシュボードを使用して、シーンや効果、ライト ショーをリモート PC またはタブレット デバイスから変更できます。さらに、プラットフォームを使用すると、特別なイベントのためのショーを事前にスケジュールすることができ、市では橋の照明コンテンツをいつでも更新できます。

     

    新しく設置される照明が周囲を華麗なライト ショーとまばゆい光で彩り、活動の中心地として観光客や地域の注目を集めると同時に、地域の経済および社会的発展を推進します。


    ケース スタディをダウンロード

    Interact Landmark があなたの街でできること

    • コネクティッド ブリッジ照明 - サンフランシスコ ベイ ブリッジ

      コネクティッド ブリッジ照明 - サンフランシスコ ベイ ブリッジ

      Interact Landmark ソフトウェアによるリモート監視機能を搭載した LED 照明造形作品は、ベイ エリアに非常に広範な社会的および経済的影響を及ぼし、短期間のディスプレイが予定されていましたがスカイラインの一部として常設されることになりました。

    • クラウドベースのコネクティッド照明 - デゴジャド劇場

      クラウドベースのコネクティッド照明 - デゴジャド劇場

      デゴジャド劇場は、Interact Landmark クラウドベース コネクティッド照明管理ソフトウェアを導入したことで、建築用 LED 照明システムを標準的なインターネット接続を介して世界中のどこからでも監視、保守、管理できるようになりました。