Philips lighting ェブサイトにアクセスしています。 表示言語を選択できます。
ヒント

    Interact City によるエネルギーの節約と運用上のメリット

    グアダラハラ

    スペイン

     

    スペインのグアダラハラは、街の照明効率を高める大規模アップグレードの一環として、Interact City 照明管理ソフトウェアによって制御される 13,500 個のコネクティッド LED 照明ポイントと 187 のキャビネットを導入しました。Interact City 照明資産管理ソフトウェアを LED 街路照明と組み合わせて使用することで、エネルギー消費量を 68% 削減し、運用コストを大幅に抑えることができました。

    「この照明管理ソフトウェアは、エネルギー消費量を削減し、効率を高め、最終的には市民によりよいサービスを提供するのに役立っています。」


    - グアダラハラ市長、Antonio Roman 氏

    お客様の課題

     

    照明がグアダラハラ市のエネルギー消費量の 50% 近くを占めるため、グアダラハラ市議会当局者らは、市のコネクティッド照明ポイントをリモートで監視し、管理できる、柔軟性の高いコネクティッド照明システムと、市全体へのグループ キャビネットの設置を望んでいました。Interact City 照明資産管理ソフトウェアは、安全な Web ブラウザを介して照明の監視と管理を行うシングル ダッシュボードを提供することでこの要望を達成します。

    効率を高め、エネルギーを節約する

    LED 照明器具と Interact City 照明管理ソフトウェアを組み合わせることにより、グアダラハラ市は、スマート シティへと変貌を遂げています。照明管理者は、ほぼリアルタイムで個々の LED 街路照明のパフォーマンスを監視し、歩行者の多い横断歩道や公共広場など特定のエリアの明るさを調整できます。省エネルギー型のコネクティッド街路照明とリモート管理を組み合わせることで、住民へのサービスを向上させると同時に、二酸化炭素排出量を削減できます。

     

    運用効率の向上は、市議会のもう 1 つの目標でした。Interact City を使用すると、ユーザーは単一のインターフェイスで照明インフラストラクチャを管理できます。管理者は、強力な資産管理ソフトウェアを使用して、市の照明資産とワークフローをマップ上で確認し、問題解決のためにメンテナンス担当者のスケジュールを効率よく組むことができます。市民から寄せられる苦情の割合は、年間 0.1% 以下まで低減されました。

     

    Interact City はオープン システム アプローチを採用しているため、拡張性と将来性が高く、センサーやその他のスマート シティ機能によって実現する新しい loT アプリケーションにも対応します。Interact City により、グアダラハラは市とその市民の将来的なニーズにも対応する準備ができています。

    ケース スタディをダウンロード

    Interact City があなたの街でできること

    • コネクティッド街路照明 – ジャカルタ

      コネクティッド街路照明 – ジャカルタ

      Interact City 照明資産管理ソフトウェアは、世界最大規模のコネクティッド街路照明システムの導入をサポートしています。

    • スマート街路照明 - ジークブルク

      スマート街路照明 - ジークブルク

      Interact City 資産管理/エネルギー最適化アプリケーション ソフトウェアにより、市は照明データに関する貴重な見識を得て、業務プロセスをより効率的に管理できるようになりました。