Philips lighting ェブサイトにアクセスしています。 表示言語を選択できます。
ヒント

    スマート照明でショッピング体験を変える

    Globus

    ドイツ、ザールブリュッケン

     

    ドイツの小売業界のトップ企業は、販促エリアの売り上げを伸ばすと同時に特色のあるショッピング体験を作り出すため、Interact Retail ソフトウェアを使用して LED 照明を制御しています。

    「このプロジェクトで、当店は買い物客を特定の商品に誘導し、売り上げを伸ばすことに成功しました。」


    - Globus Saarbrücken-Güdingen 店長、Scheller 氏

    お客様の課題

     

    1828 年に創立された Globus は、ハイパーマーケットと家電製品のチェーン ストアで、カスタマー サービスに誇りを持っています。このチェーンのザールブリュッケン店 (ドイツ) では、他にはない独自の体験を買い物客に提供することで店舗を改善し、特に販促売り場の活気と注目度を高めたいと考えていました。

    特色のあるショッピング体験の提供

    Globus は当社と提携して、Interact Retail シーン管理ソフトウェアで制御する、店舗の販促エリア用の 3 つの照明シナリオを開発しました。

    最初の照明シナリオは、現在の照明効果を再現した均一照明デザインで、これが今回の開発の基礎となりました。2 番目は、アクセント照明を重視し、スポットライトを使用して特定の商品を目立たせ、他の商品と対比させました。3 番目はスポットライトと色付きアップライトを組み合わせました。パステル色のアップライトを使用することで、色が買い物客の感情に訴えるだけでなく、遠くからでも販促エリアが目立つようにしました。

     

    3 つの照明設定は、Interact Retail シーン管理ソフトウェアを使用してプログラムされ、2 か月間にわたり数日ごとに照明シナリオのスケジュールを変更しました。

     

    DFKI (ドイツ人工知能研究センター) と共同で、当社は 2 か月間、買い物客が販促エリアに滞在した時間を計測し、売り上げデータを解析して、3 つの照明シナリオがこのエリアの通行量にどのように影響したかを調べました。

    各シナリオのさまざまなレベルで肯定的な結果が得られました。均一照明を使った最初のシナリオと比較すると、スポットライトを使った 2 番目のシナリオでは販促エリアを訪れた顧客数は 7% 増加しました。ソフトなパステル色のアップライトを使ったシナリオでは、販促エリアを訪れた買い物客がさらに 8% 増加し、均一照明を使った対照(標準)シナリオと比較すると販促エリアを訪れた買い物客は合計で 15% 増加したことになります。 


    店長は 3 番目の照明シナリオに非常に満足しました。このシナリオでは、ソフトなパステル色のアップライトに加えて人気のあるスポットライトを使用することで、顧客交通量が 15% 増加しただけでなく、6% の売り上げ増加につながりました。 


    Globus はこの実験の成功に満足し、店の管理チームはコネクティッド LED 照明と Interact Retail ソフトウェアで買い物客の行動に影響を与えることができるという確かな自信を持つことができました。


    ケース スタディをダウンロード

    Interact Retail があなたの店舗でできること

    • スマート スーパーマーケット照明 - E-Center Gaimersheim

      スマート スーパーマーケット照明 - E-Center Gaimersheim

      スーパーマーケット EDEKA は、ガイマースハイムの旗艦店で Interact Retail によって実現するスマート照明のコンセプトに基づいた新基準を確立しています。

    • 位置情報マーケティング – MediaMarkt

      位置情報マーケティング – MediaMarkt

      アイントホーフェンの MediaMarkt は、StoreGuide アプリと Interact Retail インドア ナビゲーション ソフトウェアによる屋内測位で、より細部まで行き届いた顧客体験を作り出しています。