Philips lighting ェブサイトにアクセスしています。 表示言語を選択できます。
ヒント

    Deloitte のスマートで柔軟なオフィス照明

    Deloitte

    イタリア、ミラノ


    2016 年、Deloitte は、Deloitte Digital の本社であるミラノ オフィスの 3 階分の改築を行いました。チームはデジタル時代におけるお客様の進化とイノベーションを支援しています。新しいオフィスの設計は、オープン プラン式のコンセプトを採用し、インタラクティブ技術とオープン スペース、共有エリア、会議室、休憩室、娯楽室などを含む柔軟な作業エリアを備えています。

    「Deloitte では、イノベーションは基本的なことです… 私たちは新しいオフィスの設計とコンセプト、そして作業環境を最適化し、作業効率を最大限に高めるコネクティッド照明システムに満足しています。」 


    - Deloitte Digital Studio パートナー事業部長、Gianluca Loparco 氏

     

    お客様の課題


    Deloitte は、従業員が各自の職場の照明を調整でき、仕事の柔軟性とオープン プラン式のオフィス コンセプトを支援する、スマートで柔軟性の高い照明ソリューションを必要としていました。また、照明グリッドの埋め込みセンサーからデータを取得して、施設管理者が運営効率を改善し、コストを削減するために役立てたいと考えていました。  

    データと見識

    照明システムは、250 個以上のコネクティッド フィリップス LED 照明器具と、オフィス環境全体でデータを収集、共有、配信する統合センサーから構成されています。照明は PoE (Power-over-Ethernet) 技術を使用して施設の IT ネットワークに接続され、Interact Office 照明管理ソフトウェアによって制御されます。
     

    従業員は、それぞれのスマートフォンの個人管理アプリを使用して、各自の職場や会議室の照明をパーソナライズできます。 手元の照明を調整できることで、従業員の快適さとパフォーマンスが改善されました。
     

    コネクティッド照明システムの埋め込みセンサーから収集されたデータは、Interact Office ダッシュボードに表示され、解析されます。施設管理者は、作業スペースの利用状況と活動に関するリアルタイムの情報をダッシュボードで確認し、作業スペースの利用率を最大限に高め、不動産コストを節約するために役立てることができます。ダッシュボードによるデータの可視化から、オフィス全体のエネルギー使用傾向がわかるため、Deloitte では使用中のエリアのみ照明を点けたり、屋外が明るい日中は照明を落としたりすることでコストをさらに削減できます。
     

    スペース マネジメントなどのソフトウェア機能を組み合わせた Interact Office コネクティッド LED 照明によって、Deloitte は CO2 排出量を大幅に抑え、照明のエネルギー消費量を従来の照明に比べて最大 90% も削減できました。
     

    これは、PoE ネットワーク インフラストラクチャを介して提供される Interact Office ソフトウェアを使用して、電源の必要性をなくし、コネクティッド照明システムと IT ネットワーク インフラストラクチャの統合を可能にした、イタリア初のプロジェクトです。


    ケース スタディをダウンロード

    IoT 照明が
    あなたの施設でできること
     

    • スマート オフィス照明 – Cisco、トロント

      スマート オフィス照明 – Cisco、トロント

      当社が IT サプライヤーの Cisco と協力して最先端のコネクティッド LED オフィス照明をどのように提供し、トロントにある Cisco の WaterPark オフィスを変革したかをご紹介します。

    • スマート オフィス、IoT ベースの照明

      スマート オフィス、IoT ベースの照明

      Interact Office 管理ソフトウェアを利用した IoT ベースのコネクティッド照明により、中国建築科学研究院 (CABR) では従業員中心の作業環境が作り出されました。