Philips lighting ェブサイトにアクセスしています。 表示言語を選択できます。
ヒント

    スマート照明へのアップグレードの鍵は生息環境を守ることでした

    ビャウォビエジャ地区

    ポーランド


    ビャウォビエジャは、LED 街路照明にアップグレードし、Interact City ソフトウェアを採用したことで、今では安全性を高め、エネルギー消費量を削減して、世界的に有名な森林とその住人および観光客の両方のニーズに対応できるようになりました。それと同時に動物を保護するため光害も軽減しています。今やビャウォビエジャはスマート照明の先駆者です。

    「この投資を計画するにあたり、私たちはビャウォビエジャが単なる都市社会ではなく、ユネスコに認定された共同自然遺産でもあることを常に念頭に置いておく必要がありました。」


    - ビャウォビエジャ地区長、Grzegorz Kasprowicz 氏

    お客様の課題


    ビャウォビエジャ地区は、ユネスコ世界遺産であるその広大な原生林のおかげで、主要な観光地となっています。その結果、当局は経済的および技術的発展とこの自然遺産の保全の両立を求められています。ビャウォビエジャの街路照明のアップグレードは、これら 2 つの優先事項を両立させる申し分のない実例です。

     

    当局職員には、夜間は森林動物の 24 時間周期に合わせるため夜空の暗さをある程度保つこと、夜間の安心感を高め、住民のニーズと観光客の往来に対応するため道路とオープン スペースを明るくすること、そして長期的に十分な省エネを達成することという 3 つの目標がありました。

     

    オープンで拡張可能なアプローチ

    ビャウォビエジャは、ポーランドの SOWA プランから公共照明リニューアル プロジェクトの資金を調達しました。このプランは、都市街路照明システムのエネルギー効率を高めることを目的とした大規模緑化投資プログラムです。

     

    自治体当局は、7 つの村で構成される地区全体の公共街路照明のほとんどをコネクティッド LED にアップグレードし、Interact City シーン管理ソフトウェアを採用しました。職員たちは、年間を通じて住民と観光客が最も利用する道路を優先しました。

     

    Interact City シーン管理ソフトウェアを導入したことで、職員たちは直感的なユーザー インターフェイスを使用して照明器具のオンとオフをリモートで切り替え、照明器具ごとに、またはまとめて、照明スケジュールを設定することができます。照明ネットワーク全体を 1 人のオペレーターがコンピューターから一元的に制御することができます。Interact City によって、照明インフラストラクチャの監視と管理が容易になり、照明の故障に対処する時間が短縮され、中断やダウンタイムを最小限に抑えることができます。

     

    当局職員たちは、メンテナンス計画を立て、ワークフローを維持し、運用コストを削減するため、Web ベースのアプリケーションを使用してパフォーマンス データを分析することができます。

     

    Interact City で制御される LED にアップグレードした結果、ビャウォビエジャはエネルギー消費量を 77% 削減し、エネルギー年間経費を 34,000 ユーロ節約し、CO2 年間排出量を 280 メートル トンも低減することができました。

    ケース スタディをダウンロード

    IoT 照明があなたの街でできること  

    • コネクティッド街路照明 – ジャカルタ

      コネクティッド街路照明 – ジャカルタ

      Interact City 照明資産管理ソフトウェアは、世界最大規模のコネクティッド街路照明システムの導入をサポートしています。