Philips lighting ェブサイトにアクセスしています。 表示言語を選択できます。
ヒント

    Interact City コネクティッド照明とソフトウェアで効率を高めコストを削減

    アウリッヒ市

    ドイツ


    ドイツ北東部にある都市、アウリッヒは、近年、新たにコネクティッド LED 街路照明を導入し、新設と既存の街路照明をどちらも Interact City 照明資産管理ソフトウェアに接続しました。これにより、市職員たちは単一の Interact City ダッシュボードからリモートにパフォーマンスを監視し、すべての照明資産を管理できるようになり、エネルギー効率を高め、コストを削減しています。  

    「このソフトウェアで生成されたレポートのおかげで、照明器具のパフォーマンスを分析したり、節約できる場所やメンテナンス作業を最適化できる場所を見極めたりできるようになりました。」 


    - アウリッヒ市土木事務所、Iris König 氏

    お客様の課題


    アウリッヒ市庁にとって、街路照明を最新のものにすることが市街地再開発計画の重要項目の 1 つであることは明らかでした。同市は、経済的かつ持続可能であると同時に、街路照明の日常的な管理と運用をより効率的なものにする正確な資産データを提供してくれる柔軟なソリューションを探していました。リモートによる監視と管理に加えて、データ可視化機能も優先項目の 1 つでした。 

     

    オープンで拡張可能なアプローチ

    同市には、2 つの明確な目標がありました。職員たちは街路照明を最新のものにし、さまざまな照明を必要とする個々の道路配置に対応することと、エネルギーを節約し持続可能性を向上させることを望んでいました。

     

    同市は、Interact City 照明資産管理ソフトウェアで管理されるコネクティッド LED 照明にアップグレードすることが正しい解決策であると結論付けました。

     

    最初のステップは、非効率な水銀灯を新しい LED 街路照明に変えることでした。

     

    次に、Interact City 照明資産管理ソフトウェアを導入して、新しい街路照明と古い街路照明をどちらもリモート管理できるようにしました。これにより、職員たちは照明インフラストラクチャ全体を単一の使いやすいダッシュボードから管理できるようになりました。

    Interact City ダッシュボードは、直感的なデータ可視化機能と照明資産管理機能を備えているので、職員たちは照明インフラストラクチャの監視、分析、保守を行って、エネルギー効率とパフォーマンスを最適化することができます。ダッシュボードから得た情報を活用して、問題点や故障をすばやく特定し、メンテナンスをより効果的に計画して、ダウンタイムを短縮することができます。

     

    Interact City 照明資産管理ソフトウェアは、オープンで拡張可能であるため、市の変化するニーズに簡単に適応できます。

     

    CO2 排出量は 659 メートル トン減少し、コストを年間 250,000 ユーロも削減できたため、プロジェクトはわずか 6 年足らずで採算が取れることになります。この新しい Interact City コネクティッド照明と照明資産管理ソフトウェアは、アウリッヒによるスマート シティ インフラストラクチャへの投資を可能にし、持続可能な未来を支援しています。 

    ケース スタディをダウンロード

    IoT 照明があなたの街でできること  

    • クラウドベースのスマート シティ インフラストラクチャ - ブエノス アイレス

      クラウドベースのスマート シティ インフラストラクチャ - ブエノス アイレス

      Interact City と SAP HANA は、省エネルギー型のオープン スマート シティをサポートするため、ブエノス アイレスにアダプティブ アプリケーションとデータの 360 度ビューに対応したプラットフォームを提供しています。

    • スマート街路照明 - ジークブルク

      スマート街路照明 - ジークブルク

      Interact City 資産管理/エネルギー最適化アプリケーション ソフトウェアにより、市は照明データに関する貴重な見識を得て、業務プロセスをより効率的に管理できるようになりました。