Philips lighting ェブサイトにアクセスしています。 表示言語を選択できます。
ヒント

    CEPSA Tower、ダイナミック LED ファサード照明でインパクトを生み出す 

    CEPSA Tower

    スペイン、マドリード

     

    CEPSA は総合エネルギー企業であり、近年、本社をスペインのマドリードにある超高層ビルの 1 つに移しました。本社移転は、同社の成長と今後さらに拡大し国際的な展望を支援するために革新的な職場作りに取り組んでいることを象徴していました。現在「CEPSA Tower」と呼ばれているそのビルは、スペインで 2 番目に高く、マドリードのスカイラインで際立っています。

    「マドリード本社のファサードに設置されたコネクティッド照明のおかげで、当社は市のスカイラインで際立った存在感を示しています。」 

     

    - CEPSA ブランド、広告、スポンサーシップ担当マネージャー、Jonathan Keeling 氏

    お客様の課題

     

    CEPSA は、その革新的スピリットを反映するものとして、Interact Landmark ソフトウェアで管理される LED 照明システムを使い、新しい本社を市のスカイラインの中で際立つ存在にしたいと考えていました。このソフトウェアを使用すると、コーポレート カラーをディスプレイしたり、ダイナミック ライティングを使って休日や特別なイベントを祝ったり、さまざまな運動を支援したり、地域や世界のできごとに反応を示したりすることができます。同社は、会社の誇りとして、このビルを市のランドマークにすることに加え、単一のソフトウェア ダッシュボードを介して簡単に制御、管理できる LED 照明システムを使って、エネルギー コストを抑え運用効率を高めることも希望していました。

    制御が簡単で見事な照明

    印象的なファサード デザインには、45 フロアに 815 フィート (250 m) にわたって広がる 2 つのガラス製カーテン ウォールがあり、これに 2,500 個のフィリップス カラー キネティクス ColorBlast Powercore 照明器具が組み込まれています。この新しい LED コネクティッド照明システムは、そのデザインに要求される高品質な照明を提供するだけでなく、厳しい気象条件にも耐えることができます。広大なデザインとビルの立地を考慮すると、どちらも必要不可欠な要素です。

     

    CEPSA は、コネクティッド LED 照明の設置に欠かせないものとして、Interact Landmark クラウドベース コネクティッド照明管理ソフトウェアを導入しました。Interact Landmark により、Web ベースのアプリを介して照明システムをリモートに監視、保守、管理し、ライト ショーのコンテンツを世界中のどこからでもアップロードすることができます。この安全なシステムは簡単に稼働させることができ、ソフトウェアをインストールしたり、サーバーを購入して保守したりする必要がなく、ユーザーは認定デバイスから Web を介してクラウドベースのソフトウェアにアクセスすることができます。CEPSA Tower の照明器具は、Interact Landmark で 24 時間監視されています。システムに異常が発生した場合は、認定ユーザーに警告が届き、メンテナンス担当者を的確な場所に効果的に派遣して対処することができます。 

    ケース スタディをダウンロード

    Interact Landmark があなたの街でできること

    • コネクティッド照明管理ソフトウェア - ナミュール

      コネクティッド照明管理ソフトウェア - ナミュール

      Interact Landmark ソフトウェアによって実現した新しいコネクティッド照明システムは、ナミュールの夜空を照らし、さらに多くの観光客をこの史跡に引き付けています。

    • コネクティッド ブリッジ照明 - サンフランシスコ ベイ ブリッジ

      コネクティッド ブリッジ照明 - サンフランシスコ ベイ ブリッジ

      Interact Landmark ソフトウェアによるリモート監視機能を搭載した LED 照明造形作品は、ベイ エリアに非常に広範な社会的および経済的影響を及ぼし、短期間のディスプレイが予定されていましたがスカイラインの一部として常設されることになりました。