Philips lighting ェブサイトにアクセスしています。 表示言語を選択できます。
ヒント

    北京の IoT ベースのコネクティッド オフィス照明

    CABR のビル

    中国、北京


    中国建築科学研究院 (CABR) のビルは、二酸化炭素排出量がほぼゼロであり、中国で初めて Interact Office 照明管理ソフトウェアを利用した IoT ベースのコネクティッド照明を装備したスマート オフィスに改装されました。

    「Interact Office の導入は、イノベーションに対する当社の取り組みの顕れであり、持続可能な職場環境へ向けた確実な一歩でもあり、当社のビルをスマート オフィスの最前線に位置付けるものです。」


    - CABR、Institute of Building Environment and Energy 副所長、Zhao Jianping 氏

    お客様の課題


    北京にある CABR のビルは、従業員中心の職場を作りながら、エネルギー コストを節約し、運用効率を向上させることを希望していました。さらに、システムが安全であり、同研究院の意欲的な持続可能性目標を達成することも重要でした。

    パーソナライズとデータに基づく見識

    北京の CABR 構内にある 4 階建てのビルには、4,025 m2 のオフィス スペースがあり、これは中国初の IoT 対応コネクティッド照明プロジェクトです。Interact Office ソフトウェアを導入したことで、運用効率が向上したことに加え、従業員の快適さと生産性も高まりました。その理由は、従業員が個人管理アプリでそれぞれの作業や好みに合わせて照明レベルを調整し、その他の設備をパーソナライズできるようになったことにあります。

     

    2 年間の運用を経て、中国建築科学研究院 (CABR) はビルのパフォーマンス結果を公開しました。報告書によると、コネクティッド LED 照明と Interact Office ソフトウェアは、エネルギー消費に関係するその他の設備と連動して、サービス品質、ユーザー満足度、エネルギー効率の向上に大きく貢献しました。パイロット プロジェクトでは、ビルの効率性の向上と将来を見据えたスマートな職場の構築におけるコネクティッド照明システムの重要性が示されました。

     

    Interact Office の導入以降、CABR のビルはエネルギー消費量が大幅に削減され、運用効率が向上しています。ある従業員アンケートによると、照明システムに対するユーザー満足度は圧巻の 100% であり、従業員たちは照明をすべての設備の中でナンバー ワンだと評価しています。

    ケース スタディをダウンロード

    Interact Office があなたのビルでできること

    • コネクティッド オフィス照明 - The Edge

      コネクティッド オフィス照明 - The Edge

      アムステルダムの The Edge では、最先端のコネクティッド照明システムと Interact Office ソフトウェアにより、より快適で、生産性が高く、持続可能な作業環境を作り出しています。

    • IoT ベースのコネクティッド照明 - コペンハーゲン

      IoT ベースのコネクティッド照明 - コペンハーゲン

      IT 技術と通信技術を融合して、市民サービスの向上に役立てる壮大な計画の一環として、コペンハーゲンのアルバーツルンド自治体は、北欧初の IoT ベースのコネクティッド照明システムを導入しました。コネクティッド照明システムは、Cisco スイッチ技術によりサポートされています。