Philips lighting ェブサイトにアクセスしています。 表示言語を選択できます。
ヒント

    ブエノス アイレス: アダプティブ スマート シティ アプリケーションをサポートする革新的プラットフォーム

    ブエノス アイレス市

    アルゼンチン

     

    Interact City 照明管理ソフトウェアを導入したことで、ブエノス アイレスはより安全かつスマートで、省エネルギー型のサステナブル シティに変貌しました。

    「Interact City は、LED 照明で省エネを可能にし、さらに当社のお客様に柔軟性と持続可能性を備えた統合照明管理ソフトウェアを提供しています。」


    - Philips Argentina CEO、Gustavo Verna 氏

    お客様の課題

     

    ブエノス アイレスは、より優れたサステナブル シティとなるべく継続的に取り組んでいますが、人口増加によりエネルギー消費量と CO² 排出量が増大していました。これらの問題に対処するため、ブエノス アイレスは、効率をさらに高めてコストを削減し、同市の今後のニーズに対応するため拡張することができるクラウドベースの照明管理ソフトウェアを備えた高品質の LED 街路照明システムを探していました。

    データと見識

    ブエノス アイレス市庁は、持続可能性目標を達成するため、エネルギー消費量を大幅に削減しながら、市民の快適さと安全を保証する新しい公共照明システムを必要としていました。今では、ブエノス アイレスはインテリジェントで将来性のある公共照明ソリューションの恩恵を受けています。このソリューションは、省エネルギー LED 照明器具と高度な Interact City 照明管理ソフトウェアを組み合わせたものです。

     

    Interact City により、アダプティブ アプリケーションをサポートすることで将来性のあるサービスを提供し、SAP との提携により、SAP HANA プラットフォームを使用したデータの 360 度ビューを確保しています。ブエノス アイレスは、既存のインフラストラクチャを運用しながら新しいアプリケーションを導入できました。これにより、コストを削減しながら、データ収集を改善し、見識を得て、最終的には同市の居住性を向上させる新しいスマート シティ アプリケーションをシームレスに導入することができました。Interact City 照明管理ソフトウェアが、SAP HANA プラットフォームと統合されたため、街路照明管理者は都市全体の照明をさらに効率的に制御、計画、管理できるようになりました。Interact City ソフトウェア ダッシュボードとアプリケーションにより、ネットワーク上の各照明ポイントの監視、切り替え、調光と、エネルギー消費量の最適化が可能になり、さらに車両と歩行者双方にとって安全な環境を作り出すことができます。


    導入は 3 年にわたり 3 段階で実施されました。2013 年には、主要な道路に 11,000 個の LED 照明器具が設置されました。2014 年と 2015 年には、より細い道路にさらに 40,000 個ずつ LED が設置され、同市の新しい照明ポイントは合計で 91,000 か所になりました。設置が完了したことにより、ブエノス アイレスの照明の 75% がアップグレードされ、運用コストが 50% 削減され、年間 CO2 排出量が大幅に低減されました。

    ケース スタディをダウンロード

    Interact City があなたの街でできること

    • 環境監視 – ロサンゼルス

      環境監視 – ロサンゼルス

      フィリップス ライティングとロサンゼルス市は、発展的スマート シティ アプリケーションに環境監視センサーで対応する方法を模索しています。

    • スマート街路照明 - ジークブルク

      スマート街路照明 - ジークブルク

      Interact City 資産管理/エネルギー最適化アプリケーション ソフトウェアにより、市は照明データに関する貴重な見識を得て、業務プロセスをより効率的に管理できるようになりました。