Philips lighting ェブサイトにアクセスしています。 表示言語を選択できます。
ヒント

    北欧初の IoT ベースのコネクティッド照明システム

    アルバーツルンド

    デンマーク、コペンハーゲン


    IT 技術と通信技術を融合して、市民サービスの向上に役立てる壮大な計画の一環として、コペンハーゲンのアルバーツルンド自治体は、北欧初の IoT ベースのコネクティッド照明システムを新しいオフィス ビルに導入しました。コネクティッド照明システムは、Cisco スイッチ技術によりサポートされています。

    「Interact Office は、壮大な IT 駆動型プログラムの一環としてコネクティッド LED 照明を利用するチャンスだけでなく、職員たちにとってよりスマートな職場をサポートする丈夫なインフラストラクチャももたらしてくれました。」


    - アルバーツルンド自治体、都市、環境、文化、雇用担当ディレクター、Niels Carsten Bluhme 氏 

    お客様の課題

     

    コペンハーゲンのアルバーツルンド自治体は、最新の技術を利用して運用効率を高め、持続可能性目標に貢献することを希望し、北欧初の IoT ベースのコネクティッド照明システムを新たに建設したスマート オフィス ビルに導入しました。これにより、ビル管理者は Interact Office 管理ソフトウェアを通じてエネルギー使用量と施設利用率に関する独自の見識を得ることができ、一方で職員はスマートフォン アプリを通じて各自の作業スペースの照明をパーソナライズできるようになりました。このプロジェクトは、コペンハーゲンの Lighting Metropolis イニシアチブで重要な役目を担っています。

     

    アルバーツルンド自治体は、IoT 技術を活用してより優れた見識、管理、サービスを提供するという改革において、エネルギー効率に優れたコネクティッド オフィス照明システムがそのプラットフォームになり得ると考えています。コネクティッド照明インフラストラクチャが導入されたことで、Interact Office ソフトウェアを介してその他の発展的アプリケーションも追加できるようになりました。

    データ、見識、個人管理

    コペンハーゲンのスマート オフィスは、コネクティッド LED 照明システムと、照明器具に埋め込まれた利用状況センサーを備えています。Cisco スイッチ技術を介して約 400 個の照明が接続され、コネクティッド照明はセンサー ネットワークを介して取得されたデータを共有することもできます。コネクティッド照明システムは、その他のビル管理システムと連携する Interact Office ソフトウェアを介してデータを直接伝送します。

     

    センサーで取得されたデータから、Interact Office 管理ソフトウェアを介してビルの使用状況と運用状況に関する新たな見識が得られます。照明レベル、エネルギー消費量、部屋の使用状況などの情報は、ビル管理者がエネルギー使用量を最適化させ、オフィス スペースの管理を向上させる上で役立ちます。また、職員はコネクティッド照明システムを使用し、スマートフォンの Interact Office 管理アプリから照明やその他の設備を制御することができます。これは、職員の満足度と生産性を高める発展的な職場環境を作るという同自治体の目標に貢献しており、職員は権限が与えられたと感じ、業務に合わせて照明を調整することができます。

    ケース スタディをダウンロード

    Interact Office があなたのビルでできること

    • コネクティッド オフィス照明 - The Edge

      コネクティッド オフィス照明 - The Edge

      アムステルダムの The Edge では、最先端のコネクティッド照明システムと Interact Office ソフトウェアにより、より快適で、生産性が高く、持続可能な作業環境を作り出しています。

    • スマート オフィス照明 – Cisco、トロント

      スマート オフィス照明 – Cisco、トロント

      当社が IT サプライヤーの Cisco と協力して最先端のコネクティッド LED オフィス照明をどのように提供し、トロントにある Cisco の WaterPark オフィスを変革したかをご紹介します。